バスケットボール部 活動報告

記事

感謝の気持ちを込めて

これまで光洋高校バスケットボール部を支え続けてくれた、顧問の髙橋利江先生が転勤のためお別れすることとなりました。

今年度はコロナウィルスの影響で思うような練習ができず苦しい時もありましたが、利江先生の熱いご指導のおかげで、一人一人がバスケットボールと真剣に向き合い成長することができました。また、プレー以外にも、人として大切なことをたくさん教えていただきました。

「バスケットボールを通して、人間を磨く。」

これからも学んだことを忘れずに、感謝の気持ちを込めて練習に励んでいきたいと思います。利江先生、ありがとうございました。そして頑張ろう、光洋高校バスケットボールFAMILY!

 

新年あけましておめでとうございます

1月3日より令和3年の練習を始めました。

例年通りランニングの後お参りして必勝祈願はしましたが、例年と違って帰りのごみ拾いはコロナ感染防止のためできませんでした。

昨年は3年生のプレーを見せる機会も少なく、高体連の大会も経験させられず、遠征も合宿もできず、大会も無観客、年末の大掃除も年越しそばもできませんでした。今年も多くの制限がかかる中、それでも光洋バスケ部としての在り方をつなげていくしかない。

まずは延期になった県大会に向けて、練習できることに感謝して成長していきます。応援よろしくお願いいたします。

令和2年度福島県高等学校新人大会いわき地区予選

12月5日(土)~7日(月)に四倉高校で新人戦が開催されました。選手権大会に引き続き、感染対策をしながら無観客で行われました。男女ともに練習してきたことをやるだけでしたが、またも一つのルーズボール、一つのイージーミスによって大きく勝敗を分けることになりました。女子は県大会出場権を得ましたが、それにふさわしいプレーができるように努力するのみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第57回福島県高等学校選手権大会

10月24日(土)から郡山地区で上記大会が行われました。

コロナウィルス感染防止のため、無観客入れ替え制で、1日1試合の日程した。

「守って走る」シンプルだけど、それができなければ負けるということが、まだ実感できていないようです。新人戦までにそれが本当にわかるかどうか。

第57回福島県バスケットボール選手権いわき地区大会

9月12日(土)から14日(月)にかけてウインターカップのいわき地区予選が本校を会場にして行われました。

新型コロナ感染予防のため、無観客及び試合ごとの選手入れ替えなどが徹底されました。待ちに待った今年度最初の公式戦、会場設営や駐車場係等、大会会場校の仕事をしながら試合に臨むこととなりました。

男子は本戦の4つを狙うゲームで善戦しましたが力及ばず、敗者戦でも競り負け、ターンオーバーやシュートなどの課題を克服しなければなりません。ここからどう這い上がるか。

女子は準決勝では力の差を感じたものの、3位で県大会出場権を得ることができ、10月の県大会でまたステップアップできるよう今後も上を見て練習します。

 

 

夏休みの練習

今年は新型コロナウィルス感染防止のため、合宿を控えました。また例年より短い夏休みで、集中的に練習に打ち込める時間が極端に少なく、多くの面で経験不足になっています。

そこでお盆前の2日間ではありましたが、2部練習を行い、お昼に保護者さんに栄養のある昼食を作っていただきました。初日はカレーと焼き肉、2日目は牛丼とサラダ(先輩の差し入れしてくれたスイカも)折しもフィジカルの弱さを感じていたこともあり、食べることも練習だとおかわりをする様子も見受けられました。

来月はいよいよ今年度初となる公式戦、県選手権の予選が本校で行われます。良い結果がでるよう残りの期間の練習に打ち込みます。

3年生の集大成

「この世のすべてには終わりがあって、いつと知ることはできなくても、確実に終わりに近づいているからこそ、精一杯プレーしなければならない」と好きな言葉で毎年の3年生に言ってきましたが、今年はあまりにも突然その時が来ました。

 新型コロナウィルス感染予防により、練習ができなくなり、インターハイがなくなり、目標を失った3年生も前に進んでいかなければなりません。6月8日(月)から部活動が再開されましたが、進路実現を控えた3年生は現実として「引退」を余儀なくされます。県高校体育連盟としては代替大会の開催はできないこととなり、いわき光洋高校バスケットボール部としては、チームとしての部活動を再開して1週間しかありませんでしたが、6月14日(日)に持てる力をすべて発揮すべく、けじめの引退試合を行うこととしました。

 この1週間で、自分たちのプレーはもちろん、新しく入部してくれた1年生にもたくさんのことを伝えなければなりません。感染予防対策を取りながら、できることが制限される中で、それでも3年間の思いを込めて、ベストを尽くしてくれたと思います。場を提供することしかできなかったですが、賛同いただいて相手をしてくださった平工業高校、磐城高校、快く審判をしてくださった方々、最後までサポートしてくださった保護者の皆様には、深く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17生を送り出しました

コロナウィルス感染防止のため、在校生は卒業式に出られなくなりました。

3年生に会えるのは最後です。

17はやんちゃな男子と絆の深い女子でした。強い意志がありました。3年間の成長を振り返りながら短い時間を過ごしました。

フロンティアの精神で頑張れ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールを寄贈されました

先日とある縁から、バスケットボール部にたくさんのボールを寄贈していただきました。

社会人となって立派に独り立ちし、まわりまわって後進の成長のため、バックアップしていただけるということに感謝し、人と人のつながりを感じました。

何にでも一生懸命取り組むことは、目に見えなくても少なからず影響を与えていることに気づき、また新たなモチベーションとなりました。

真摯に向き合い、結果でお応えしたいと思います。

平成元年度福島県新人体育大会

1月10日から会津若松市において新人県大会が行われました。

男女とも地区大会ではよくない負け方をしたので、しっかり目標をもって臨むことができました。女子は1回戦で競り負けてしまい、また悔しい思いをしましたが、前回と違うのは、目標とするプレイを1試合を通してやり切れたという、成長が見られたことです。細かなミスを減らし、修正すれば次はやれるという自信がつきました。

男子も課題を克服し、1回戦を勝ち抜くことができました。今までであれば我慢できなかったところも、声を掛け合い気持ちをきらさずにチームとしての粘り強さが出てきたと思います。今後2試合、そして2日目へとつなげていきます。