2年次(17生)保護者の皆様へ

2018年3月の記事一覧

学習合宿3/23~/25

3月23日(金)~25日(日)

いわき自然の家にて希望者を対象に学習合宿を行いました。

今回は27名が参加しました。

朝から晩まで自学自習をするこの合宿、

初日は長時間集中して学習することが辛そうでしたが、2日目からは

休憩に入ってもきりのよいところまで学習する姿が見られました。

学年からは国数英3名の教員が引率したので、質問しながら各自の学習を進めました。

 

24日の午前中1時間は、卒業生(14生)が17生のために来て下さいました。

安島裕介さん(福島大学共生システム理工学類1年)

木村美咲さん(秋田県立大学生物資源生物生産学科1年)

鈴木洸貴さん(福島大学人間発達文化学類1年)

高校時代の学習方法や受験勉強、受験で大変だったこと、大学生活について等、

大変参考になる話をたくさんいただきました。

質問コーナーでは、受験勉強をする際食べていたもの、勉強外の誘惑に勝つ方法等

三者三様の答えに盛り上がりました。

忙しい中、後輩のために駆けつけて下さった先輩方、ありがとうございました!!

24日の午後1時間は水戸駿優予備学校の校舎長佐々木康喬先生と講師木村哲也先生の

講演会を行いました。

【佐々木先生の話】

①模試や教材を使いこなすこと~「まちがいノート」は宝物

②規則正しい食生活が大事~脳の活性化が本番の体調に繋がる

③「忘れる」ことを意識しながら「記憶」すること~予習→授業→復習(当日)→復習(一週間後)→演習

④効率的な学習をするための5つの方法

⑤受験は団体戦!~周りの人を活用しよう

【木村先生の話】

①受験勉強を始める時期で合格率は変わる~高2→90%、高3→30%

②受験勉強とは~今学校でやっていることを着実にやること

③英語ができないと即アウト~英語ができることが大学の受験資格だと思おう

④国公立にいきたいなら文系も数学をきちんとやること

⑤センター試験ラストの学年~現役志向が強い

⑥地方の高校生は情報処理能力低~2年間スピードを意識して読む・書く・解く

⑦大学は人生の出発点~受験が辛いからといって妥協しない!人生がかかっている!

⑧勉強は優先順位をつけて~無駄なことはやらない

 

【生徒の感想より】

★こういった貴重な機会を用意していただいて、自分の勉強習慣を見直すことができた。

 整っている環境での勉強は、時間が経つのを早く感じるほど深く集中できた。

★13時間も集中して勉強したので疲れがでました。この合宿を通して、自分の時間の使い方が

 悪かったので、時間に区切りをつけてやってみようと思います。

★先輩や先生方の話は、今後の受験に関わる話で、参考になる内容が沢山あった。合宿で聞いた

 話を上手く利用して模試を復習していこうと思った。

★勉強だけでなく、合宿で友達との関わりも考えることができた。時間を意識しながら友達と協力して

 行動することができたので今後も続けていきたい。

★まさかいわきの合宿所に来て、タイから来た子達と仲良くなれるとは思いませんでした。3人の先生方も

 いt、質問出来るところがとてもよかったです。想像していた以上に良い経験が出来ました。

★受験に対しての心構えを改めることができ、自分の目標を再確認することができた。

★自分がやろうとしていた以上に学習を進めることができた。やればできるということも改めて実感できた。

★合宿を通して勉強に対する考え方が変わった。今までは自ら進んでやるというよりも、課題で出されて

 いるから仕方なくやることが多かった。今回は分からないところはまず自分で考えてみて、どうしても答え

 が出せなかったら友達に聞くということができた。いつもよりはるかに頭を使って勉強したと思う。

★最初の方はなかなか集中できなくて、勉強なれしていないのがバレバレだったが、勉強時間ごとに集中

 できる時間が長くなっていって嬉しかった。

 

↓ 職員の方から施設利用の注意事項の説明

 ↓ 開講式

 ↓ 卒業生(14生)の講話  安島さん

 

↓ 木村さん

 

↓ 鈴木さん

↓ 先輩への質問コーナー

 

 

↓ 駿優予備学校の先生の話

↓ 学習風景

 

↓ 食事も美味しかったです。

↓ 閉講式

 

↓ 2泊3日お疲れ様! みんな充実した表情で解散しました!!

 

 

0

レセテーションコンテスト開催

英語科主催のレセテーションコンテストが開催されました。

発表タイトルは「Malala」、「Severn②」、「King」から各自が選びました。

学年全員が授業で英文の暗唱に取り組み、

各講座での発表会を経て、代表者がコンテストで発表しました。

 

発表者と発表順(各講座1名選出)

1 伊藤杏優  2 片寄愛心  3 大森智貴  4 小宮綾乃  5 関根彩華  6 青山瑛来

7 小林 華  8 國友郁杜  9 渡邊悠花  10 村上晃大 11 今野大輝

 

第1位 今野大輝

第2位 村上晃大

第3位 小林 華

審査員特別賞 関根彩華

 

↓ 開会の言葉

↓ 学年全員が審査員です。

 

↓ 発表の様子。

 

 

↓ ジェスチャーを入れながらの発表。

 

 

↓ みんな、一人一人の発表を見守り、

  その都度大きな拍手を送ります。

↓ 記録担当の放送委員・KBC

 ↓ 司会担当

 

↓ 第2回ボキャブラリーコンテストの表彰も一緒に行いました。

↓ 審査員の先生方からの講評

 ↓ 発表者・審査員の先生方

 

 

0

平成29年度諸経費の返金について

本日、3月2日(金)の帰りのSHRで
平成29年度諸経費(年次会計)の返金を行います。

入学時に保護者の皆様に諸経費を納入していただきましたが、
芸術教材費(音楽、美術)について
支出が異なりました。

本来であれば保護者の皆様に直接お渡しするところですが、
お子様を通じて返金いたしますので御了承願います。

返金額
音楽選択 5,000円
美術選択   704円

収入、支出、残高、返金、繰り越し金に関しましては、
下記、生徒への配布文書をご覧ください。

H30.3.2諸納金返金.pdf
0