バスケットボール部

 

 いわき光洋高校バスケットボール部では、新1年生16名が加わり、37名で令和3年度の活動に臨んでいます。

 バスケットボール部では、活動における二つの指針と、プレーにおける三つの言葉を軸に、活動に取り組んでいます。

  活動における二つの指針は、「BIG CHALLENGE」 「人間力を磨く」

  プレーにおける三つの言葉は、

 「一生懸命+アイディア」 「sorry(ごめん) < request(要求)」 「能力より努力で勝負」

 

 プレーも生活も同じです。バスケットボールに力を入れつつも、それだけではない、光洋生の手本となれるようなチーム、生徒であることを目指していきます。


バスケットボール部 活動報告

記事

にっこり 高体連いわき地区大会に参加してきました

 5月17日にかけて、第67回福島県高等学校体育大会バスケットボール競技いわき地区大会、いわゆるインターハイ地区予選に参加してきました。

 コロナウイルスの影響もあり、これまで対外試合を控えてきました。その分、部活内で練習を重ね、チームとしての力を高めてきました。これは、3年生の集大成となる大会です。緊張の面持ちで大会を迎えた選手たちですが、試合を重ね、徐々に持ち前の力を発揮していきました。

 結果として、女子は福島県大会出場が決定。男子は、惜しくも予選敗退となりました。

 女子はさらなるチーム力の向上をはかり、一つ上のステージに挑戦します。県大会ベスト8進出の目標に向け、前進していきます。男子は、新体制のもと、再スタートです。

 

   

   

感謝の気持ちを込めて

これまで光洋高校バスケットボール部を支え続けてくれた、顧問の髙橋利江先生が転勤のためお別れすることとなりました。

今年度はコロナウィルスの影響で思うような練習ができず苦しい時もありましたが、利江先生の熱いご指導のおかげで、一人一人がバスケットボールと真剣に向き合い成長することができました。また、プレー以外にも、人として大切なことをたくさん教えていただきました。

「バスケットボールを通して、人間を磨く。」

これからも学んだことを忘れずに、感謝の気持ちを込めて練習に励んでいきたいと思います。利江先生、ありがとうございました。そして頑張ろう、光洋高校バスケットボールFAMILY!

 

新年あけましておめでとうございます

1月3日より令和3年の練習を始めました。

例年通りランニングの後お参りして必勝祈願はしましたが、例年と違って帰りのごみ拾いはコロナ感染防止のためできませんでした。

昨年は3年生のプレーを見せる機会も少なく、高体連の大会も経験させられず、遠征も合宿もできず、大会も無観客、年末の大掃除も年越しそばもできませんでした。今年も多くの制限がかかる中、それでも光洋バスケ部としての在り方をつなげていくしかない。

まずは延期になった県大会に向けて、練習できることに感謝して成長していきます。応援よろしくお願いいたします。

令和2年度福島県高等学校新人大会いわき地区予選

12月5日(土)~7日(月)に四倉高校で新人戦が開催されました。選手権大会に引き続き、感染対策をしながら無観客で行われました。男女ともに練習してきたことをやるだけでしたが、またも一つのルーズボール、一つのイージーミスによって大きく勝敗を分けることになりました。女子は県大会出場権を得ましたが、それにふさわしいプレーができるように努力するのみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第57回福島県高等学校選手権大会

10月24日(土)から郡山地区で上記大会が行われました。

コロナウィルス感染防止のため、無観客入れ替え制で、1日1試合の日程した。

「守って走る」シンプルだけど、それができなければ負けるということが、まだ実感できていないようです。新人戦までにそれが本当にわかるかどうか。

2 1 3 4 2