バスケットボール部

いわき光洋高校バスケットボール部では新たに1年生が14名加わって、38名で令和2年度の活動を再開しました。しかし新型コロナウィルス感染予防のため、休校や練習停止、大会の中止などで、全員参加での練習は限られた時間のみでした。それでも最後の試合に向けて打ち込む3年生の姿から何かを感じ、新生光洋として再出発します。

「意味を考えて動く」

プレーも生活も同じです。全くほど遠い現状から、どれだけ成長できるか。自分に甘えず、向上していける集団を目指します。

バスケットボール部 活動報告

記事

3年生の集大成

「この世のすべてには終わりがあって、いつと知ることはできなくても、確実に終わりに近づいているからこそ、精一杯プレーしなければならない」と好きな言葉で毎年の3年生に言ってきましたが、今年はあまりにも突然その時が来ました。

 新型コロナウィルス感染予防により、練習ができなくなり、インターハイがなくなり、目標を失った3年生も前に進んでいかなければなりません。6月8日(月)から部活動が再開されましたが、進路実現を控えた3年生は現実として「引退」を余儀なくされます。県高校体育連盟としては代替大会の開催はできないこととなり、いわき光洋高校バスケットボール部としては、チームとしての部活動を再開して1週間しかありませんでしたが、6月14日(日)に持てる力をすべて発揮すべく、けじめの引退試合を行うこととしました。

 この1週間で、自分たちのプレーはもちろん、新しく入部してくれた1年生にもたくさんのことを伝えなければなりません。感染予防対策を取りながら、できることが制限される中で、それでも3年間の思いを込めて、ベストを尽くしてくれたと思います。場を提供することしかできなかったですが、賛同いただいて相手をしてくださった平工業高校、磐城高校、快く審判をしてくださった方々、最後までサポートしてくださった保護者の皆様には、深く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17生を送り出しました

コロナウィルス感染防止のため、在校生は卒業式に出られなくなりました。

3年生に会えるのは最後です。

17はやんちゃな男子と絆の深い女子でした。強い意志がありました。3年間の成長を振り返りながら短い時間を過ごしました。

フロンティアの精神で頑張れ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールを寄贈されました

先日とある縁から、バスケットボール部にたくさんのボールを寄贈していただきました。

社会人となって立派に独り立ちし、まわりまわって後進の成長のため、バックアップしていただけるということに感謝し、人と人のつながりを感じました。

何にでも一生懸命取り組むことは、目に見えなくても少なからず影響を与えていることに気づき、また新たなモチベーションとなりました。

真摯に向き合い、結果でお応えしたいと思います。

平成元年度福島県新人体育大会

1月10日から会津若松市において新人県大会が行われました。

男女とも地区大会ではよくない負け方をしたので、しっかり目標をもって臨むことができました。女子は1回戦で競り負けてしまい、また悔しい思いをしましたが、前回と違うのは、目標とするプレイを1試合を通してやり切れたという、成長が見られたことです。細かなミスを減らし、修正すれば次はやれるという自信がつきました。

男子も課題を克服し、1回戦を勝ち抜くことができました。今までであれば我慢できなかったところも、声を掛け合い気持ちをきらさずにチームとしての粘り強さが出てきたと思います。今後2試合、そして2日目へとつなげていきます。

 

練習はじめ

あけましておめでとうございます。

今年も4日から練習を開始しました。まずはランニングから必勝祈願、通学路のごみ拾いをしました。OBも忙しい大学生活の合間をぬって、顔を出してくれました。気持ちを新たに頑張ります!

1 9 1 1 8