校長あいさつ

生徒が意欲に満ち、喜んで登校する学校を目指して
                いわき光洋高等学校長  森 義彦

             
 本校は、平成5年4月、激しく変動する21世紀を担う有為な人材を育成すべく、いわき地区の要請と大きな期待を受けて全国初の全日制単位制高等学校として創設され、平成16年4月に現在のいわき市中央台に新築・移転し、今年で創立26周年を迎えました。

 
 単位制の特長を生かし、県下有数の教育環境を誇り、生徒のほとんどが大学進学を目指し、勉学に励み、部活動も活発な清新さ溢れる高等学校です。「自主」「自学」「自律」の「三自の精神」を校訓に、生徒一人一人に目標を持たせ、高校三年間で逞しく生きる力を身につけるべく全校あげて取り組んでいるところです。 
 
 歴史の浅い若い学校ではありますが、運動部・文化部等の活動も大変盛んになってきており、創立初となる生徒の輝かしい実績が、本校の歴史に刻みながら前進している学校です。今後とも保護者や同窓生そして関係各位のご期待に応えるべく、地域に誇れる学校を目指し飛躍してまいる考えであります。 

生徒に次のような話をしています。
『夢』のある者には『希望』がある。
『希望』のある者には『目標』がある。 
『目標』のある者には『計画』がある。
『計画』のある者には『行動』がある。 
『行動』のある者には『実績』がある。
『実績』のある者には『反省』がある。 
『反省』のある者には『進歩』がある。
『進歩』のある者には『夢』がある。
 
     
                          

校訓である「三自の精神」を培うには、「目標」を持つことが大切です。「目標」がなければ、何かを「成し遂げよう」という気持ちも出ないし、「頑張ろう」という気持ちも出ません。目標は一人一人違いますが、夢は見るものでなく、叶えるものです。将来の夢を持ち、目標に向かって努力することを大切にしていきましょう。
                               
                            

 
0 2 7 1 8