バスケットボール部 活動報告

記事

練習はじめ

あけましておめでとうございます。

今年も4日から練習を開始しました。まずはランニングから必勝祈願、通学路のごみ拾いをしました。OBも忙しい大学生活の合間をぬって、顔を出してくれました。気持ちを新たに頑張ります!

恒例の大掃除と年越しそば

今年の練習納めの日でした。

1年間お世話になった体育館をバレー部と一緒に大掃除し、ワックスをかけました。

ピカピカになった体育館で、しっかり結果に繋げます。

マネーシャーが作ってくれた鳥ごぼうそばを食べました。さまざまなことに感謝し、来年また大きく成長していきましょう。


令和元年度福島県高等学校新人大会いわき地区大会

標記の大会が、12月15日(日)16日(月)はいわき光洋高校で、17日(火)は湯本高校で行われました。

会場校ということで、会場作成や駐車場などの大会運営を行うことで、バスケットができる陰にはさまざまな支えや後押しがあることを再認識しました。2日目には先生や生徒たちが休み時間に応援してくれるなどありがたく、プレーにも気合が入るところですが、勝ち上がるにつれて、課題である心の甘えがディフェンスに表れ、最後まで流れをつかめなかった大会でした。

男子は第5代表、女子は第2代表で、1月の県大会に出場します。歯を食いしばって向上あるのみ。

2019 U-18リーグ戦

今年度からリーグ戦が始まりました。「拮抗した公式戦のゲームにおいて成長を促す」という目的のとおり、すべての選手が出場し、ゲームの中で自分がチームのために責任をもって何ができるかをそれぞれが考えることができた大会でした。勝ち負けというよりも、自覚の持てたことが収穫でした。

男子は1部リーグ1勝2敗で3位。女子は4戦全勝で1部リーグ1位という結果でした。

第56回福島県高等学校バスケットボール選手権大会

10/25(金)からあづま総合体育館でウインターカップの県予選が行われました。

女子は会津地区1位の若松商業に挑みましたが、小さなミスが命取りになり、結局はその積み重ねだということを感じました。男子は心の甘さとしか言いようのない試合結果で、根本からの意識改革をします。

11月のリーグ戦を経て、12月の地区新人戦へ臨み、1月の県新人では絶対にリベンジします。