バスケットボール部 活動報告

記事

感謝の気持ちを込めて

これまで光洋高校バスケットボール部を支え続けてくれた、顧問の髙橋利江先生が転勤のためお別れすることとなりました。

今年度はコロナウィルスの影響で思うような練習ができず苦しい時もありましたが、利江先生の熱いご指導のおかげで、一人一人がバスケットボールと真剣に向き合い成長することができました。また、プレー以外にも、人として大切なことをたくさん教えていただきました。

「バスケットボールを通して、人間を磨く。」

これからも学んだことを忘れずに、感謝の気持ちを込めて練習に励んでいきたいと思います。利江先生、ありがとうございました。そして頑張ろう、光洋高校バスケットボールFAMILY!

 

新年あけましておめでとうございます

1月3日より令和3年の練習を始めました。

例年通りランニングの後お参りして必勝祈願はしましたが、例年と違って帰りのごみ拾いはコロナ感染防止のためできませんでした。

昨年は3年生のプレーを見せる機会も少なく、高体連の大会も経験させられず、遠征も合宿もできず、大会も無観客、年末の大掃除も年越しそばもできませんでした。今年も多くの制限がかかる中、それでも光洋バスケ部としての在り方をつなげていくしかない。

まずは延期になった県大会に向けて、練習できることに感謝して成長していきます。応援よろしくお願いいたします。

令和2年度福島県高等学校新人大会いわき地区予選

12月5日(土)~7日(月)に四倉高校で新人戦が開催されました。選手権大会に引き続き、感染対策をしながら無観客で行われました。男女ともに練習してきたことをやるだけでしたが、またも一つのルーズボール、一つのイージーミスによって大きく勝敗を分けることになりました。女子は県大会出場権を得ましたが、それにふさわしいプレーができるように努力するのみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第57回福島県高等学校選手権大会

10月24日(土)から郡山地区で上記大会が行われました。

コロナウィルス感染防止のため、無観客入れ替え制で、1日1試合の日程した。

「守って走る」シンプルだけど、それができなければ負けるということが、まだ実感できていないようです。新人戦までにそれが本当にわかるかどうか。

第57回福島県バスケットボール選手権いわき地区大会

9月12日(土)から14日(月)にかけてウインターカップのいわき地区予選が本校を会場にして行われました。

新型コロナ感染予防のため、無観客及び試合ごとの選手入れ替えなどが徹底されました。待ちに待った今年度最初の公式戦、会場設営や駐車場係等、大会会場校の仕事をしながら試合に臨むこととなりました。

男子は本戦の4つを狙うゲームで善戦しましたが力及ばず、敗者戦でも競り負け、ターンオーバーやシュートなどの課題を克服しなければなりません。ここからどう這い上がるか。

女子は準決勝では力の差を感じたものの、3位で県大会出場権を得ることができ、10月の県大会でまたステップアップできるよう今後も上を見て練習します。